授業形式の違いと選択

女性

人数の差は授業料の差にも

やる気のスイッチが入って東京の英会話スクールに通うことを考えた時、まだスクールのレッスンスタイルもわからない状態ですから、気を付けたいのは受講形式です。漠然としたイメージからすると、東京の英会話スクールで学ぶなら、グループレッスンよりも、マンツーマンレッスンの方が、英語学習としても充実しているように感じます。マンツーマンレッスンは英語学習に長けた面もありますが、グループレッスンが劣るわけではありません。マンツーマンレッスンとグループレッスンの、両方を東京の英会話スクールで経験するという機会は少ないですが、どちらのレッスンスタイルにもメリットはあります。今から東京の英会話スクールを選び、学習を始めていくのであれば、最初にどの形式で授業を受けるのかを決めることです。個人で英語学習の指導が受けられるレッスンと、大勢で授業を受ける授業は、どのような違いがあるかですが、まずは授業時の生徒数が違います。講師と生徒との組み合わせの、1対1での英会話の授業をするのが、英語のマンツーマンレッスンです。講師は1人ですが生徒が複数名というのが、英会話スクールのグループレッスンのスタイルになります。グループで授業を受けるときには、2名から3名の少人数のグループから、もう少し多めの4名から8名ほどのグループのクラスもあるので、仲間と一緒に学べるレッスン形式です。グループとマンツーマンの違いとして、人数もですが英会話の授業料に関しても、金額には差が生じます。