学習方法としての聞き流し

先生

学習と娯楽の違いを知る

なぜ聞き流すだけで学習できるかを理解すれば、スピードラーニングの高評価にも納得がいきます。”聞き流す”を”ラクして覚える”と勘違いした人は、いつまでも英語が身につかず、スピードラーニングに低評価をつけがちです。英語を身につけるプロセスを理解して、スピードラーニングを正しく評価しましょう。「聞き流す学習」はあくまでも学習方法の一つであり、単に好きな洋楽の代わりに流しておくような娯楽の延長にはありません。ここを吐き違えると、「ラクをしたいのに身につかない」など明後日の評価をしてしまうのです。英語の聞き流し学習で大事な点は、英語の会話内容を理解することです。どんなに洋楽を聞き続けても英語が身につかないのは、歌詞の意味を理解できないからです。意味が分からない言葉は、単なる楽器の音と大差ないので、学習には全く効果がありません。もちろん、洋楽を利用しての英語学習も可能でしょう。英語の歌詞を自分で翻訳し、言葉の意味を理解しようとしたうえで楽曲を聞き続ければ、その楽曲に関してのみ英語が上達します。スピードラーニングの評価できる点は、この言葉の意味を理解しようとするプロセスを簡単にしてくれる点です。英語と日本語がセットになっているので、辞書を引かずに英会話の意味を理解していけます。要するに、英語を自分で訳すプロセスを省略できるわけです。スピードラーニングは耳で聞くだけの、いわば形のない教科書だと言えます。英語の意味を理解したうえで、繰り返し聞くことで定着させる。学習に必要な要素をシンプルにまとめた教材なのです。